太陽光発電の仕組み

白封筒とクレジットカード > 太陽光発電 > 太陽光発電の仕組み

太陽光発電の仕組み

2017年8月 1日(火曜日) テーマ:太陽光発電

太陽光発電と聞くと、太陽が電気を作っているように感じます。でもどのように太陽が電気を作っているのか実際に考えた事ってありますか。では、まず電気って一体何でしょう。電気とは簡単に言うと、電子の流れです。この電子っていうのは、物体は何でも究極に細かくすると原子にたどり着きます。この原子の周りを惑星のように回っているのが電子で、その中でも原子と原子の間を自由に飛び回れる電子を自由電子と呼びます。この自由電子が一定の方向に順に動いていくと電子の流れが出来、川のようになります。これが電流であり、電気の正体なのです。では、太陽の光でどうしたらこの電子の流れを作ることが出来るのでしょうか。太陽の光のエネルギーが、太陽光発電のパネルに当たる、そこには半導体という電子部品が取り付けられていてこの部品の電子が電極に移動する。ここで、電子の動きがみんな同じ向きになるから、電子の流れができる。この電子の流れが電気の正体だから、太陽光エネルギーが電気に変わった瞬間なんです。

ジャステックの口コミ・評判の比較